オトメザノカイジン TOP

- - - - - - - - - - - - - - - - -
-当BROGの表示基準-
1024x768 XGA
FONT SIZE=[中]
- - - - - - - - - - - - - - - - -

オトメザノカイジン TOP
MISSILE PRODUCTS ミサイル興業

MAIN 更新履歴

≫2010/11/09
INDEXデザイン変更

2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


以前は廃油ストーブにやたら憧れたモンでありますが、今年は迫り来る木枯し対策も兼ねてロケットストーブを色々と研究中であります。

コレは一応天面でお湯が沸かせたりする構造に。
内部でグルリと排気が循環しておるので排気管からはやや熱い湿気った排気が出るのみであります。


以前からストックしてる旧規格サンバーをヤードから持ち帰ってメンテ中。
NAキャブ車、マニュアル、2WD車。
取り合えずエンジンオイル交換、冷却水路洗浄してクーラント交換&エア抜き、オートチョークの調整、etc…


車庫兼在庫置き場として作った貧相ギャレージ、昨年末一気にレトロ雑貨の在庫で埋まってしまい車が入れられなくなってしまったので、吹き寄せる木枯しにカンネンして入り口を戸で塞ぐことに。


週末午前中、ファンキー系自作仲間のハラニシ氏と空冷ビートルのイベント観覧へ。
いずれも当時物やそれ風のパーツを駆使してて中々ミモノでありました。



午後はハラニシ氏の車の外装にエアブラシで宇宙船のハッチ風の塗装とウェザリングを施してみる。
なぜならスターウォーズ新作公なので宇宙船風にする期間中なのであります。 


放浪のカメラマン・ニシモト氏のジムニーに車中泊しやすい様に助手席シートを折り畳みにしてほしい、との要望でミニバン用の折り畳み式の助手席を取り付け。
今時のシートを取り付けるのはフィッティングが中々大変なのであります。



ご満悦のニシモト氏。
入手した水色×グレーのシートが色、表皮共に運転席(既にトヨタのセミバケ形状のシートが付いている)とソックリで実にイイ感じ。

ジムニーにウインチを取り付けるべく、オリジナルバンパーを模索中であります。



仲間の工場で材料の一部を提供してもらったのでついでに溶接もしてもらいつつ。

趣味の仲間が何か作ると聞くとどーしてもトキメイてしまうのであります。
モノ作り好きのサガであります。

ジムニーのカスタムプランなんかを提案してみつつ。


古いジムニーにあってはエアコンが効かない車両が多いので諦めているユーザーも多い訳でありますが、この車両は元々エアコンは効くものの、最近効きが甘いというのでオーナーがゲットしてきた新品部品を用いて念のため交換。
電気系の不調としてよくある空調パネルの抵抗が既にジャンクションされている純正対策品に交換。



このオーナーの過剰な要求に、某電装屋サンはコンデンサーに水を掛けよとアドバイス。
それを実行して効果を実感してるのでありますが、錆びるしオルタネーターなんかに水が掛かるからやめんさい、と言ってみてますが…
結局、後日他の修理でエンジンルームの余分な表面積の大きな配管等を撤去したら空気の循環が良くなってエアコンが冷える様に。

半年ぶり位に久々にマニア仲間とミーティングであります。

今回は新メンバーも2名様ご参加。



ファンキーが過ぎるカメラマンの愛車。



レトロが過ぎるモデラーの愛車。
このダルマ自転車、実際に古い車両。
以前はこれで毎日往復30キロ以上通勤していたらしい。

久々に水物ラジコンがやりたくなって昨シーズンに昔のヨーロッパのタグボートぽいトイラジを自作。
どうせから思い切りディフォルメしてやろうとコミカルデザインにした所、トップヘビー過ぎて転覆。

思い出したように引っ張り出して新しい控えめなボディに作り替える。


昨シーズン、ディフォルメし過ぎて友人に「すっとこどっこいな船」と呼ばれてたボディ。
軽量にすべくスチロール素材で作ったものの腰下が軽すぎて横転。カウンターウエイト仕込むも改善せず。


先日新造したボディ。
更なる軽量化のためにスチロールと厚紙で製作。散々塗装したのである程度防水出来てるはず…
船底にカウンターウエイト少し積んでどうにかバランスが取れたので近々一発キメてやるのであります。

しかし近頃は事なかれ主義的安全対策なのか、公共の公園の池が全滅状態!
世知辛い!